包茎は病気になりやすい状態です

包茎は病気になりやすい状態です

包茎のリスクと言えば、その見た目に話題が集中します。
余ったペニスの皮が亀頭全体を包み込むため、見た目がブサイクになりがちです。
またペニスの先端が露出していないため、いわゆる子供の陰茎に見えます。
そのため、包茎の男性は成熟した大人の身体として見られず、幼い下半身に持つ男性とみなされます。

更に包茎の持つリスクとして懸念されるのが、病気になりやすい点です。
見た目も大事ですが、むしろ深刻なお悩みはこちらにあるでしょう。
常にペニスの亀頭や尿道周辺が厚い厚い皮に包まれているため、清潔を保ち辛いのです。
皮と亀頭に間に、ゴミやカスが入り込みやすく、そこで雑菌が繁殖したりします。

雑菌が繁殖しやすい雨季や夏場は特に要注意です。普通の男性であれば包皮が剥けているため、亀頭付近をお風呂場でサッと綺麗に洗えます。

しかし、包茎の男性はお風呂場でも身体を綺麗に洗えず、ただでさえ雑菌の温床になりやすいペニスにもかかわらず、蓄積したゴミやカスが更に放置されやすいのです。

雑菌やゴミが蓄積されたままになりますと、悪臭や性病が誘発されます。
性病は何も性交渉だけで発生するリスクではありません。包茎は病気になりやすい状態ですので、早めの処置が大事です。

包茎手術包茎治療を香川県高松市のお勧めはココ!口コミ・評判へ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ