包茎の悩みを抱える男性

包茎の悩みを抱える男性

通常時に亀頭が包皮に覆われている状態を包茎と言いますが、この状態にお悩み中の男性は世界中にいます。
日本人の場合、約80%が包茎であると言われていますが、包皮の状態により4種類のタイプに分けることができます。
4種類の中で一番多いのが、仮性包茎です。

仮性タイプの問題は、尿道炎や性病になりやすかったり、包皮の影響で衛生上の心配があり、臭いが発生することです。
真性タイプの場合は、包皮内の亀頭を洗うことができないので、恥垢が溜まりやすく、炎症や痛みを起こす場合があります。
カントンタイプは、包皮の出口が狭いため、無理やりむくと、亀頭の根元を包皮口が締め付けることになり、元に戻せなくなります。
そして、そのまま放置していると、大きく腫れあがってしまうこともあるので、注意が必要です。

太りやすい男性に多い埋没タイプの場合は、恥骨の周りの皮下脂肪が多いため、下腹部から包皮だけが少し顔を出してる状態で、とても小さく見えます。
そのため、恥ずかしくて人知れず悩んでいる人が多いのです。

成人後も包茎の状態である場合、自然に治ることはないので、手術をする人が多いです。
日本には、包茎専門のクリニックがたくさんありますが、評判の良いクリニックで診察を受けることが大事です。

包茎手術包茎治療を香川県高松市のお勧めはココ!口コミ・評判へ


 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ