包茎は専門医に判断してもらう

包茎は専門医に判断してもらう

包茎と一般的に呼ばれる症状には、いくつかのステージが存在します。
大まかに区分すれば、亀頭が全く露出しない真性包茎と、指先で皮を剥けば一応亀頭は露出する仮性包茎の2タイプがあります。

その両方が男性的なお悩みとして世間一般では扱われていますが、亀頭が自力で剥ける後者のものであれば、実際問題としてはリスクはごく僅かです。
排尿や自慰、お風呂の際にも特段手間取る事はありません。

異性とのセックス時も、先端部の包皮を少し手を加えるだけで普通の陰茎になりますので、コンプレックスになる程の障害とはいえないのです。

対して障害として判断しなければいけないのが、真性包茎です。
包皮が自力で剥けなければ、性交やお風呂の際、非常に困ります。

お風呂に入ったにもかかわらず、綺麗に亀頭まで手が届かず、とても不衛生な状態になりがちです。
悪臭や性病の温床になりますので、同じ包茎でも真性タイプの方はいち早く専門医のもとに足を運びましょう。
素人判断で大丈夫とレッテルを貼るのはよくありません。

ただ、仮に真性タイプだと発覚しても、大丈夫です。
症状が悪化する前に手術を受ける事で、下半身のコンプレックスは改善され、再び性交やスポーツの出来る心身になりますので、とにかく初期段階で相談する事が大切です。

包茎手術包茎治療を香川県高松市のお勧めはココ!口コミ・評判へ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ